東京の庭園とレインボーブリッジ夜景を男二人で巡る

三浦の探訪記

from:スタッフ三浦

「明日だな!」
「はい、、、え?」
「明日、天気良さそうだな!」
「そうですね、ああ、、、どちらへ?」
「春を先取りしよう」

ボスがこんな変化球を投げて来ました。
これは新パターンでのお呼び出しです。

当店では額縁に入った写真を取り扱っているんですが、その写真というのは、現在のところ、全て僕が撮影した写真なんです。
つまりは、よそでは売っていないオリジナル商品。
その商品をもっと増やそうということで、新しい写真を撮影しに行ってきました。

「今回は東京都内だ。行くのは、ここと、これと、あとあれも外せないな、それから、あそこも押さえておきたい」
「わかりました、できるだけ多く回れるようにルート組んでおきます」
「頼むよ」

そして当日の朝。
「ボス、こんな順序で回ろうと思います」
作成したスケジュールを差し出す僕。
「ん、ああ、都内の地図は俺の頭のなかに入ってるからな、道は全部任せろ、心配いらないぞ」
スケジュール表はメモ紙にクラスチェンジしました。
裏面は真っ白なので、とても使い勝手が良いです。

さてさて、そんなやりとりは置いといて、
撮ってきた写真をザザッとシェアしますね。

清澄庭園

まずは江東区の清澄庭園。
三菱財閥創業者の岩崎弥太郎が作り上げた、日本庭園です。
天気予報を見て風が強いかと思っていましたが、行ってみたら穏やかなお天気でした。
湖面に映り込んだ景色も綺麗です。

●清澄庭園
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index033.html
東京都江東区清澄二・三丁目

富岡八幡宮

そして通りがかりに撮影した、富岡八幡宮。

江戸勧進相撲の発祥の地ということで、相撲の石碑があります。

富岡八幡宮近くに架かる、八幡橋。
これは日本で最初の鉄製の橋で、国指定重要文化財です。

元々は八幡掘という川に架かる橋でしたが、その川が埋め立てられ、現在では陸橋になっています。

●富岡八幡宮
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/
東京都江東区富岡1-20-3

小石川後楽園

ここはもうちょっと温かくなったら、草木の彩りが良くなるんでしょうね。
後で再チャレンジですね。

『梅香る庭園へ』というイベントをやっていて、綺麗な梅の花が咲いていました。
イベント期間は、3月6日までだそうです。

●小石川後楽園
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index030.html
東京都文京区後楽1-6-6

皇居・江戸城跡

日が長くなったとは言え、まだ冬です。
日が暮れる前に行かなきゃ、ということで、皇居・江戸城跡へ向かいました。
大手門から入ります。

瓦ってよく見ると細かい紋様が入っていて、アップで撮影するのが好きです。

百人番所。長ーいですね。

江戸城の天守があった天守台。
石垣の迫力に圧倒されました。

せっかくだから二重橋も。
日が暮れてきた、急げー!

当然ながら観光客だらけなんですが、やっぱりこの時期、中国人観光客が多いですね。
「海外発送やってまっせ!うちで買えまっせ!」って営業かけたくなるくらいですよ。
実際に名刺でも撒いてくればよかったですね。

そして外苑へ出て、あの銅像を目指します。
二重橋を正面に見据える、楠正成の銅像です。
迫力あります。

●皇居
http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/koukyo.html
東京都千代田区千代田1-1

レインボーブリッジ

そして最後に向かったのが。
ボスと男2人で向かったのが。
何ともロマンチックなレインボーブリッジの夜景。
ここは、女の人連れて来たいですね。。。

夜景を撮るには三脚が必須です。
土曜の夜でカップルだらけの中、おじさん黙々と三脚置くスペースを確保し、何度もシャッター切りましたよ。

これはお台場からの風景。
自由の女神のあたりから撮影しました。

今回はここにご紹介した以外にも、いろいろ回ってきました。
さすがに歩き疲れましたが、撮れ高はバッチリでした。

三浦 晃

コメント