夏と言ってイメージするものとは?

三浦の探訪記

from:スタッフ三浦

いやいやいやいや、ずいぶんと暑くなってきましたね。
初夏も、もうそろそろ終わりの時期ですね。

ちなみに初夏っていつごろかご存知でしょうか。
初夏は旧暦の4月を意味する言葉で、現在の5月6日頃から6月5日頃を指します。
つまり、あと2日で初夏も終わりなんです。
そしてこれから仲夏という時期に入り、
夏真っ盛の暑ぅーい時期になります。

夏といえば・・・
スイカ?
かき氷?
花火?
まつり?

いやいや、夏といえば。

そう、正解。
滝ですよ、滝。

よく分かりましたね。

滝ってほら、なんかこう、涼しげじゃないですか。
だって水がザーって落ちてるんですよ。

ということで、群馬県沼田市にある『吹割の滝』を撮影しに行ってきましたので、久々に写真をシェアしますね。

スマホカメラは高性能だけど・・・?

滝は日本各地どこでも、山の方へ行けば何かしら見つかる、わりと身近な観光スポットですよね。
みんな携帯やスマホで気軽に写真を撮っています。
最近のスマホカメラは高性能ですからね。
5年前のコンパクトデジカメよりも、最新のスマホカメラの方がずっと画質が良いんですよね。
でもそれは一般的なスナップ写真に関しての話。
滝のような特殊な被写体をマジメに撮る時は、やっぱり撮影専用の機材、つまりカメラに軍配が上がります。
なぜかと言うと、撮影時の機能を自由に設定できるからです。
シャッター速度、絞り、ISO感度など、撮りたい写真に合わせて設定できます。
そしてもう一つの理由は、撮影機材を取り付ける部分がきちんと作られていること。
三脚をくっつけるネジ穴や、外部ストロボ、レンズフィルターの共通規格などができているんですね。

一眼レフカメラで滝を撮る

ということで、吹割の滝をマジメに撮影してきました。


ISO感度100 絞りF22 シャッター速度2.0秒

どうですか?滝ですよ滝。
どうも今年は降雪量が少なかったらしく、川の水量が例年よりも足りてないそうなんですが、これだけ迫力のある写真が撮れました。
滝壺へ落ちる水が、白くまるで絹糸のように写っていますよね。

この秘密は、シャッター速度にあります。
上の写真では、2秒間シャッターを開けました。
シャッター速度が速いとか遅いとか言いますが、これはどっちかと言えば、かなり遅い写真です。
2秒シャッターを開けたことによって、モノが動いた軌跡もカメラに記録され、水の流れが糸のように見えるというわけです。

続いて今度は、シャッターが速い方の写真です。


ISO感度100 絞りF5.6 シャッター速度1/1000秒

さっきのシャッター速度2秒に対して、今回は1/1000秒です。
人間の目の瞬きの速さは1/10秒程度だそうですから、その100倍の一瞬という速さです。
分かりやすく説明しようと思ったら、かえって意味が分からなくなりました。

とにかくシャッターが開くのは、本当に一瞬ということです。
こうするとどうなるかと言うと、さっきの水が絹糸になるのと違って、水が止まって見えます。
飛沫が空中に止まって見えるんです。
高速シャッターを使うと、水の躍動感が見えるような、迫力あるダイナミックな写真になります。
並べてみると分かりやすいですね。

高速シャッターについては、天気が良くて日差しが明るければ、
カメラをそのように設定して、手持ちカメラで問題なく撮影できます。
逆に低速シャッターの場合は、カメラマンがどんなに強靭な筋力があろうと、どれだけ感情を平静に保つ訓練をしていようと、手持ちカメラでは絶対に手ブレします。
カメラを手で持って、空中で2秒間絶対に動かすなって、それは人間には無理な話ですよね。

絹糸写真に必要なもの

ということで、滝撮影に必ず必要なもの、それはカメラを固定する、三脚です。
三脚を使うことによって、木や岩などはクッキリ鮮明に、流れる水は絹糸に、といった、肉眼では見られない写真が出来上がります。
カメラ本体よりも三脚のほうが重要だ!って言う人もいるくらい大事なポイントです。
他にも撮ってありますので、何点か載せておきますね。


ISO感度100 絞りF22 シャッター速度2.5秒


ISO感度250 絞りF4.5 シャッター速度1/1000秒


ISO感度100 絞りF22 シャッター速度2.0秒


ISO感度100 絞りF5.0 シャッター速度1/1000秒


ISO感度100 絞りF22 シャッター速度4.0秒

水の撮影、まだまだ勉強中なんですが、どんどん面白くなってきました。
今回、レンズにくっつける減光フィルターを使って撮影したのですが、もっと強い減光のものが欲しくなってきてしまいました。
あなたも興味があったらぜひやってみてください。
『カタチから入る派』の人はおカネかかりますけどね。。。
参考になるか分かりませんが、以下、使用機材です。

  • カメラ:CANON EOS 6D
  • レンズ:CANON EF24-105mm F4L IS USM
  • 三脚:Velbon ULTRA 655
  • NDフィルター:Kenko PRO1D Lotus ND16
  • PLフィルター:Marumi DHGサーキュラーP.L.D

p.s.
吹割の滝がある群馬県では、木工品の生産が盛んです。

コメント